タムスさくらの杜 練馬アネックスは「あんしん」と「まごころ」をスローガンに、人にやさしい真に頼れる介護ケアの提供をめざします。

全室個室・ユニット型の特別養護老人ホームです

タムスさくらの杜 練馬アネックスは「ユニットケア」と呼ばれる、一人ひとりの個性と生活リズムを尊重した介護ケアコンセプトをもつ特別養護老人ホームです。ひとつの家庭のように考えてつくられた介護スタイルがユニットケアの大きな特長です。個室ではこれまでの暮らしの延長として自由にお過ごしいただき、共同リビングではスタッフや、同じユニットで家族同然に暮らすお仲間(入居者様方) とのコミュニケーションをお楽しみください。
特養という大きな施設でありながら、タムスさくらの杜練馬アネックスには小規模単位の家庭的な暮らしがあります。
入居者にとって顔馴染みのスタッフを家族のように身近な存在であると感じていただくため、スタッフはそれぞれのユニットを専任で担当いたします。これまで歩んでこられた生き方は十人十色です。タムスさくらの杜練馬アネックスは、一人ひとりの暮らし方を尊重し、人間の尊厳にふさわしいケアをいたします。

四季折々のイベントを開催いたします

春といえば「さくら」のお花見、夏は竹細工を使い涼しい「流しそうめん」、職員とご入居者様で一緒に盛り上がった「佐渡おけさ」、恒例の「秋祭り」では、いくつもの屋台を準備して楽しみました。お正月には館内に鳥居をたて、ご入居者様がお参りできる「アネックス神社」を作ります。また、季節ごとに「行事食」を召し上がっていただき、イベント開催や食事で、四季を肌で感じていただけるよう取り組んでいます。

グループ間で連携し入居者様を支えます

近隣の協力病院の他、tumsグループには、二次救急や認知症治療、リハビリテーションの機能を持つ川口さくら病院や、外来診療を行う川口さくらクリニック・訪問診療・訪問看護などの拠点があり、急な体調不良や身体機能の衰えを感じた時にも入居者様を支えられる環境を整えています。

-